三宿三色パン

Special

三宿三色パン
三宿三色パン

No.1 三宿三色パンを決定する「三宿三色パンコンテスト」、2016のグランプリと各賞が決定しました!

グランプリ

レ・サンクサンス

トロア・フルール

コンセプト&グットルッキング賞

ココベーグル

2016三色ベーグル

テイスト賞

Boulangerie Convivialite

恋する大人の秋色シュトーレン


開催エリア ” 三宿” の「3」にちなみ名パン店がつくる「三宿三色パン」。
今年は 14 店舗のパン店が参加!世田谷パン祭りでしか買えない限定のパンが勢ぞろいします。また、開催当日は「三宿三色パン」の NO.1 を決めるコンテストも開催。来場者のみなさんも審査員になって三宿三色パンを食べ比べ。みんなで NO.1 三宿三色パンを選びましょう。

三宿三色パン 販売

参加各店舗のブースにて販売。
※ご用意する数に限りがございます。売り切れの際はご容赦ください。

三宿三色パンコンテスト

NO.1 三宿三色パンを決定する「三宿三色パンコンテスト」を開催。
コンセプト/グッドルッキング(外観)/テイスティング(味)の 3 項目を基準に審査します。

・審査について

専門審査員によるものと一般審査員によるもの、イベント当日にどなたでもご参加いただける当日投票を含めて行います。

・専門審査員(予定)

  • 稲垣智子氏(一般社団法人 日本パンコーディネーター協会代)
  • ひのようこ氏 (こんがりパンだパンクラブ理事)
  • 池田浩明氏(パンラボ主宰)
  • 能城政隆氏(三宿四二〇商店会 /NOZY COFFEE 代)
  • 永井光浩氏(世田谷パン祭り実行委員長 /IID 世田谷ものづくり学校事務局長)

・一般審査員

事前申し込みで、どなたでも審査員として参加が可能。世田谷パン祭りホームページよりお申し込みください。(※9/18~ 申し込みは有料)
お申し込み

一般審査員として参加いただくと、すべての三宿三色パンを食せる権利と、パンマーケットへ短い時間で入場できる「プライオリティパス」がついてきます。

※プライオリティパスについて

・当日投票

見た目の美しさや可愛らしさ、インパクトを評するグッドルッキング賞にふさわしいパンをお選びいただき投票ください。参加は、当日三宿三色パンエキシビジョンスペース(校庭)へ直接お越しいただければその場で参加が可能です。

1. ぷくがり – 3色オレンジメロンパン

世田谷パン祭り三色パンコンテスト

コンセプト

当店の季節商品 オレンジブレッドと人気のメロンパンを融合し、爽やかでついつい食べてしまうパン。

「3」のテーマに使用している材料

オレンジブレッドがベースのメロンパン
ここに、クランベリー・チョコ・レーズンの各々に3つの具材を加えた3つの味

作成してみてのエピソード ​​/ ​​おすすめの食べ方 ​​/ ​​これだけは伝えておきたいポイント

オレンジメロンパンが主体に、そこに3つの味で相乗効果を図った。
食型にしたのは、オレンジブレッドのやわらかさを強調するため、食感にもこだわりました。

2. ドイツパン リンデ – トライコーン プレッツエル

世田谷パン祭り三色パンコンテスト

コンセプト

よく知られていますドイツ伝統のプレッツエルに 3種類の穀物類の入った生地をトッピングして焼成した新しいドイツの味です。考え方はやはり生活パン的で煌びやかさはありませんが 食事パンとしても相応しいです。

「3」のテーマに使用している材料

小麦+3種類穀物(カボチャの種、ヒマワリの種、クルミ)

作成してみてのエピソード ​​/ ​​おすすめの食べ方 ​​/ ​​これだけは伝えておきたいポイント

A:(マイスターが)いろいろ考え乍ら材料をいじり、混合したりしている内会うはずの無い味がバッチリと合いベストマッチで商品が生まれたプロにも遊び心が大役立ち!
B:そのまま召し上がって下さい。そのまま……
C:まさに「新しい」味。

3. estpanis – 太陽のパン

世田谷パン祭り三色パンコンテスト

コンセプト

生命の源である太陽と踊るような生命の喜びを表現しています。パンだけど、テーブルの真ん中に置きたくなる、明るく元気な楽しい気持ちにさせてくれる、まるで太陽のようなパンです。

「3」のテーマに使用している材料

トマトのパン生地、チーズ味のケークサレ、ラタトゥイユ

作成してみてのエピソード ​​/ ​​おすすめの食べ方 ​​/ ​​これだけは伝えておきたいポイント

作成してみてのエピソード/
ドライトマトのパン生地とチーズ味のケークサレとラタトゥイユを重ねて焼き、切った断面からはその3つの要素がきれいに見えるように成形しました。
パン生地は薄焼きで、ややクリスピーな食感になっていますので、ケークサレはふんわりと軽い食感になるよう工夫しました。食感は軽く、味はしっかりしたチーズ感が楽しめます。
野菜あふれるラタトゥイユですが、ラタトゥイユのみが味を主張しすぎないよう、ケークサレとの味のバランスを考え、程よい分量感としています。
全体としては楽しい気持ちにさせてくれるパンをめざして、ちょっと素朴で動きのあるフォルムのパンに仕上げました。

おすすめの食べ方/
太陽のパンだけでも食事として完成していますので、冷たいさわやかな飲み物と合わせてお楽しみ下さい。スパークリングワインや白ワインと合わせるのもおすすめです。
形も印象的なので、ホームパーティなどにもぴったりです。バーベキューやグリルソーセージ、ステーキ等と合わせれば、軽めの赤ワインとも好相性です。

4. トライベッカ・ベーカリー – 三宿ベーグル

世田谷パン祭り三色パンコンテスト

コンセプト

三色パンをコンテスト用に開発、秋の味覚大集合、芋栗かぼちゃをテーマに3色及び3つの味をテーマに開発、国産の素材の味をそのまま練りこんでおります。

「3」のテーマに使用している材料

1. 芋 九州産のむらさき芋(あやむらさきの粉末及びあや紫をペースト)
2. 栗 熊本県阿蘇産の栗
3. かぼちゃ 北海道産の栗かぼちゃ

生地を同時に三種類仕込みツイスト状にした後に成形をしております。

作成してみてのエピソード ​​/ ​​おすすめの食べ方 ​​/ ​​これだけは伝えておきたいポイント

3種類の彩り、3種類の味のバランスの調整が非常に大変でした。試行錯誤の上ベランスの良い商品が出来上がっております。

5. ブーランジェリーボヌール – 3色カフェブレッド

世田谷パン祭り三色パンコンテスト

コンセプト

カフェで楽しむ3つの代表的な飲み物をイメージしました。そのときの気分の味から自分の好きな飲み物とあわせて。また、家族や友達と好きな味を分け合いながら、カフェにいるようなゆったりとした時をお楽しみください。

「3」のテーマに使用している材料

・紅茶味 アールグレイ りんごプレザーブ カスタード
・コーヒー味 濃縮コーヒーエキス ラムレーズン
・抹茶味 抹茶パウダー、大納言、きなこ

作成してみてのエピソード ​​/ ​​おすすめの食べ方 ​​/ ​​これだけは伝えておきたいポイント

パン屋で働いていて、三色パンという商品は今までありそうで無かったものでした。
ですので、考えるのが難しかったとともに、楽しかったです。また、味の合わせ方、統一感、何の3色にするか試行錯誤しました。特に、上のビス生地とパンの中のフィリングの相性を考えるのが楽しかったです。

6. オランジュクレール – 落花生パン

世田谷パン祭り三色パンコンテスト

コンセプト

真岡特産の落花生を形にしたユニークなさや入りパン!
豆の中身三色は地元特産の「とちおとめ」「ブルーベリー」「ピーナッツ」ジャムを使用のハード系パン。

「3」のテーマに使用している材料

イチゴジャム
ブルーベリージャム
粒入りピーナッツバター

作成してみてのエピソード ​​/ ​​おすすめの食べ方 ​​/ ​​これだけは伝えておきたいポイント

地元を愛する当店の試みです。落花生のさやの形に見せるのに苦労しました。一つ一つ豆を取って楽しみながら食べられるのが最高です。

7. てまりパン – 恋する朝顔

世田谷パン祭り三色パンコンテスト

コンセプト

今年のパン祭りのテーマとお店のシンボルマークの朝顔を合わせ、昨年までの経験を生かし、三色パンで表現してみました。

「3」のテーマに使用している材料

ブルーベリー
クランベリー
ミルク

作成してみてのエピソード ​​/ ​​おすすめの食べ方 ​​/ ​​これだけは伝えておきたいポイント

A 3つの味をそれぞれが恋しているような甘い感じを出すのに、生地量など試行錯誤しました。あと、見た目で朝顔を表現するのが難しかったです。
B 最初はそれぞれちぎって召し上がって頂いき、その後3つの味をいっぺんに召し上がって頂きたいです。
C 毎回大人気のこの企画。毎年参加させていただいているにまだ受賞なし。。昨年は、パン祭りにいらしたお客様と三色パンについてお話しさせていただき、経験を生かし今回に挑みました。

8. せたがやブレッドマーケット – UMAMI(三宿四二〇商店会・雅結寿 飲む天然おだし使用)

世田谷パン祭り三色パンコンテスト

コンセプト

優しい香りと口の中で広がる旨味の飲む天然おだし。「パンにしてみたい」と思い、翌日には完成していたまさにビビビっと恋のようなパン。ごはんどきちょっとだけ、思い出してみてください。そんなパンに恋しちゃう?

「3」のテーマに使用している材料

飲む天然おだし(三宿四二〇商店会・雅結寿 極み鰹)
鳥取県産山田錦(酒米米粉)
愛媛県巽醤油(濃口醤油・梶田商店)

作成してみてのエピソード ​​/ ​​おすすめの食べ方 ​​/ ​​これだけは伝えておきたいポイント

和食にもパンを。食事に合わせるパンは優しく寄り添う味がいい。酒米米粉を合わせ、お出汁で仕込み、パンよりモッチリ、しっとり。噛む度に優しいお出汁の味が広がる不思議なパン。

9. ラテール – にこにこ朝ごぱん

世田谷パン祭り三色パンコンテスト

コンセプト

ラ・テールと昭和女子大学の学生さんと共同開発をしました!
これひとつで主食、おかず、デザートが食べられます。
忙しい朝を笑顔にする三色パンです。
おかずパンは、阿蘇の牛乳と熊本のほうれん草を使用し、熊本支援の気持ちを込めました。

「3」のテーマに使用している材料

・三種のシード×玄米粉入りの生地(主食)
・ほうれん草とジャージー牛乳のベシャメルソース
×かぼちゃ入りの生地(おかず)
・クルミといちじく×はちみつ入りの生地(デザート)

作成してみてのエピソード ​​/ ​​おすすめの食べ方 ​​/ ​​これだけは伝えておきたいポイント

昭和女子大学の学生さんたちのアイディアは想像力豊かでワクワクしました!
なんども打ち合わせを重ねコンセプトに沿った三宿パンが完成しました。
親子三世代みなさんめ楽しんでもらえるような内容にしましたので、ぜひたくさんの方に食べて頂きたいです!

10. Le Cordon Bleu – 赤味噌×キュレ・ナンテ×柚子コンフィ 旨味と香りと食感を楽しむ食事パン

世田谷パン祭り三色パンコンテスト

コンセプト

パン講座シェフ講師と生徒達で考案した3つの素材:赤味噌、フランス・ブルターニュ地方ナントのチーズ「キュレ・ナンテ」、柚子のコンフィで爽やかな酸味と甘みをアクセントに、甘しょっぱい絶妙なバランスを表現。

「3」のテーマに使用している材料

フランス産小麦タイプ65、ルヴァン・リキッド、赤味噌、柚子のコンフィ、フランス産チーズ「キュレ・ナンテ」、水と塩。

作成してみてのエピソード ​​/ ​​おすすめの食べ方 ​​/ ​​これだけは伝えておきたいポイント

日仏を代表する発酵食品の赤味噌とチーズの旨みに柚子コンフィの酸味と甘み、食感のアクセントを加えたパン生地。噛むごとに広がる3つの味、絶妙な甘しょっぱさを楽しんで頂きたいので、トーストはせず(温める程度は OK)そのままスライスして食事のお供に。トマトとモッツアレラのサラダや赤ワインにもよく合います。

11. レ・サンクサンス – トロア・フルール

世田谷パン祭り三色パンコンテスト

コンセプト

「花」をイメージして作りました。 世田谷公園に咲く花。ピクニックに出かけて花を見ながらパンを食べているようなイメージです。花びら1枚1枚に綺麗な色を出すこと、華やかな形を作ることにこだわりました。

「3」のテーマに使用している材料

オレンジとカスタード・フランボワーズとチョコ・ヨーグルトとブルーベリー の3つをベースに作りました。

作成してみてのエピソード ​​/ ​​おすすめの食べ方 ​​/ ​​これだけは伝えておきたいポイント

花の形にこだわったので、少しテーブルに置いて観賞してみてください。そのあとは花びらを1枚1枚ちぎりながらご賞味ください。

12. ココベーグル – 2016三色ベーグル

世田谷パン祭り三色パンコンテスト

コンセプト

放射状に広がりながら絡み合う、3色のキュートな競演

「3」のテーマに使用している材料

国産小麦 沖縄県浦添産桑抹茶粉末 キャロブパウダー チョコチップ 北海道産大納言 
ホワイトチョコチップ 炒り黒ごま 北海道産てんさい糖 沖縄海水塩 パン酵母

作成してみてのエピソード ​​/ ​​おすすめの食べ方 ​​/ ​​これだけは伝えておきたいポイント

初めての成型方法に挑戦しましたが、イメージ通りに見た目が可愛く作れました。
桑抹茶ホワイトチョコ(新作)・キャロブチョコ、黒ゴマ大納言(新作)の3つの味のハーモニーに恋してください。

13. Boulangerie Convivialite – 恋する大人の秋色シュトーレン

世田谷パン祭り三色パンコンテスト

コンセプト

深い味わいと芳醇な香りが特徴のフランスの最高級小麦とバターをふんだんに使った自慢
のシュトーレンを秋風にアレンジしました。洋酒漬けの3種類の秋のフルーツの味と数種のスパイスが大人の恋を連想させます

「3」のテーマに使用している材料

栗 りんご クランベリー

作成してみてのエピソード ​​/ ​​おすすめの食べ方 ​​/ ​​これだけは伝えておきたいポイント

自家製の酵母とフランス産の小麦を使って作るシュトーレンは当店の絶対の自信作です。
このシュトーレンに3種類の秋の味覚を閉じ込め数種類のリキュールを使い大人の味に仕上げました。常温でも日持ちが大変良く、時間が経つと生地が熟成し甘味が増して美味しくなります。7mm程度に薄くにスライスしてお召し上がり下さい。

14. マールツァイト – 三色チーズピタパン

世田谷パン祭り三色パンコンテスト

コンセプト

3色という言葉の響きには明るいイメージがあります。
ピタパンにすることで作り手の遊び心と食べる人が中に入れる具材のアイディアでパンを一緒に楽しめる夢があるとおもいます。

「3」のテーマに使用している材料

国産小麦粉、バター、クリームチーズ、じゃがいも、ドライトマト、天日塩、オリーブオイル、胡椒、ターメリック、クミンシード、ガラムマサラ

作成してみてのエピソード ​​/ ​​おすすめの食べ方 ​​/ ​​これだけは伝えておきたいポイント

3色パンを作るという課題でピタパンにすることは初めから決めていました。最初は3色ちりばめて花火のように作りたい考えでした。しかし生地を伸ばして焼くと思い通りのデザインにならず、また大量につくるために最終的に丸くすることにしました。それでも丸く三重に色をつけるにはコツをつかむまでに時間がかかりました。